この主題テーマのブログのくちこみを投稿!
更新日時 : 2017-03-26 13:03:15

年金制度の一元化、月額7万円の最低保障年金を実現するためにも、 税制の抜本改革を実施します。


「税制の抜本改革を実施」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

税制改革の論議をするなら、消費税をどうデザインするかにとどめてはならないでしょう。所得の再分配機能を回復するため、所得税や相続税など直接税も議論すべきです。

税が公平(所得隠し、申告漏れ、脱税)且つ効率的に成す為に税制改革の一つ【納税者番号制の導入】制度を取り入れが急務。

法人税は表面での税率をやや下げることは考えられるが、そのためには特別減税を徹底してなくして法人税収を実質的に確保することが大事なことだ。

法人税が増えれば、福祉に税金を使えます。福祉に税金が使われている実感ができれば、「消費税」を増やしても国民は納得します。

どのような人・企業により多くの負担をお願いし、どのような人の負担増を軽くするか、が重要だ。その議論なき消費税増税論を、仕方がない、と簡単に許すべきではない。

揮発油税暫定税率においては、逆戻りした。法人税減税もどうするのか。早く、代表が決まって、税の骨幹を議論し改正してほしい。

消費税増税が必要であると判断するならば、それはそれでいいが、特定の層にしわ寄せが来ないよう、税の3原則に沿った制度設計していただきたいと思います。

税制改正にあたっては、法人、個人すべてを対象に、その負担割合をしっかりと議論し、薄く広く課税する消費税に偏ることがないようにするべきである。

政府税調の従来の「公平・中立・簡素」の大原則に従った税制の抜本的な見直しをするのが、消費税の論議を出すよりも、先にしておくべきことではないか!

国民誰もが税金が上がる事は嫌な筈です。だからこそ税制改革の前に、無駄遣いを止め、使い道を養育・教育・医療・社会福祉を優先すべきです。

僕が総理大臣ならいっその事逆累進の理不尽な税制を全くやめて代わりに所得税や法人税のような累進の整え易い税制で資金調達するなぁ。

給付付き税額控除にしても、一部民主党index2009で言及されている程度で、政府税制調査会でも具体策も含めて議論されていないと思います。

日本の国会は無能の集団か?日本の財政が待ったなしの状態で、ねじれを起こした衆参両院で、税制抜本改革の議論はすぐにでも始めるべきである。

世の中、増税のことで騒々しいけど、もし、政府が、今の段階で消費税を含む税制の抜本改革の話をしなかったら、それって、ただの法律違反なだけだぞ。

民主党は、当面、所得税・法人税・消費税の増税意向だが、金持ちに税金をかけると、法人であれ個人であれ、彼らは逃げる。脱税や節税でなく、日本から逃げる。

カテゴリ:民主党マニフェスト2010|テーマ:税制の抜本改革を実施|更新日時:2017-03-25 12:03:00

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>