この主題テーマのブログのくちこみを投稿!
更新日時 : 2017-03-25 23:03:14

ヘルパーなどの給与の引き上げに引き続き取り組み、介護にあたる人材を確保します。


「介護にあたる人材を確保」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

給料が期待する水準より20%ぐらい低く、また、仕事はかなり重労働であり、高齢になったら厳しくなるt重労働というのが主な理由だと言われています。

就職難のいまであれば、介護福祉士および介護に携わる仕事を目指してる人には、学費を免除するとか、なんかもっとできると思うのはTATOだけですかねー。

外国人の介護士を訓練して雇用し、人材不測を解消したいのなら、外国人を迎え入れられる人材確保策をもっと丁寧に検討して実施して行くべきです。

ぶっちゃけそんな事より俺的には待遇もっとよくして欲しいね(笑)。給料、人手不足、資格制度、施設不足…etc.... まだまだ介護は問題ばかりです

厚生労働省は不当に事業者側が利益を得ているのではないかとしていますが、今の報酬で利益を得ようとすれば、相当な低賃金にしなければなりません。

介護職員の賃金を上げるだけでは解決できない課題は待ったなしの状況で課題が膨れ上がっていきます。この課題に正面から向き合い、改善して欲しいと思います。

それよりも、目の前で制度に縛られ手を出せず、たたずむしかないスタッフの表情を見てもらいたい叶わぬ願ではあるが一度お願したいものだ

ヘルパーなどの給与の引き上げに引き続き取り組み・・・・→ヘルパーだけなの?以前の処遇改善と同じように? 取り組むことが目標なの?

介護職員の救済を初めて謳った制度!、それがザル法ではあるが、介護職員のみに存在する不公平を是正しようという、今までにない健全な発想から生まれた制度。

介護分野は人手不足なのですから、実は市場に任せると賃金は上がりそうなものだと思うのですが、介護報酬の低さが人件費の引き上げを阻んでいます。

ヘルパーなどの給与引き上げって、介護報酬引き上げるしかないわけで、介護保険制度の修正なく現状逼迫した中で引き上げるなら、利用者負担も上がるし、税金も必要となる。

カテゴリ:民主党マニフェスト2010|テーマ:介護にあたる人材を確保|更新日時:2017-03-26 03:03:16

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>