この主題テーマのブログのくちこみを投稿!
更新日時 : 2017-06-26 06:06:35

●民主党マニフェスト16.年金記録被害者への迅速な補償のため、一定の基準の下で、「一括補償」を実施する
【政策目的】
○年金記録問題の被害者の補償を一刻も早く進める。
○年金記録問題の再発を防ぐ。
○公的年金制度に対する国民の信頼を回復する。
【具体策】
○「消えた年金」「消された年金」問題への対応を「国家プロジェクト」と位置づけ、2年間、集中的に取り組む。
○年金記録が誤っている可能性の高い受給者等を対象に、記録訂正手続きを簡略化する。
○コンピューター上の年金記録と紙台帳の記録の全件照合を速やかに開始する。
○年金記録を訂正した人が、本来の年金受給額を回復するまでの期間を大幅に短縮する。
○全ての加入者に「年金通帳」を交付し、いつでも自分の年金記録(報酬月額を含む)を確認できるようにする。
【所要額】
2000 億円程度


「年金記録被害者を一括補償」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

年金問題の”A級戦犯”を国政選挙で勝たせてやれば、間違いをおかした人が報われ間違いを正そうとした人が罰せられるのであれば、この日本が行き詰まるのは当然だろう。

それにしても、この1年くらい、何度電話してもまったくのムダだった年金問題が、この1週間ほどで、手紙ひとつで返信まで届く状態になったとは・・。

回復に努めるのは、当然かもしれないけれど、大変なことなのだ。舛添さんは不退転の気持ちで頑張っていた。今度、大臣は変わるけれど、しっかり後を継いで欲しい。

二度と起きてはならないと考えます。そのためには、徹底した原因究明に基づく、再発防止策の策定と、その再発防止策の行政現場レベルでの実施が求められると考えます。

ハガキ来なかったら、社会保険事務所はたちまち年金止めている。しかし、同じハガキの返事来なかったら、共済組合は必死で「どうしてますか?」と調べている。

消えた年金問題が解決しないけれど、責任を取った内閣も、責任を取った官僚や公務員も見かけません。ただ、社会保険庁の看板を架け替えただけですわ。

余談だが、民主党も「消えた年金記録」回復法案を提出するそうだ。国の杜撰な管理で、被害者が出てしまったのだから、国が保証するのは当然。

民主党政権になって,現実味を帯びてきた話ではあります.長妻さん・山井さんが話していることは,OCRでも使ってやるか,人海戦術をとるかのどちらかしかないですからねぇ

50年前の年金が発見されたと言ってました。すごいなあ〜。とは言え、国民の大事な年金。もっともっとちゃんと管理して欲しいですね・・・。

私の「消えた年金記録」は戻ったわけですがなんでこんな事になるんでしょう?! ホント、仕事がずさんというか、なんと言うか、、

もうしばらく、年金を納めなくちゃです。いくらもらえるのか、見込み額もありました。見込みってことは、たいしてもらえないのに、減るってこともあるのかなぁ?

他にも疑問がいくつかあったので、早速電話で問い合わせをしてみたのだが受け答えが実に良い。民間とは言え流石長妻大臣指揮下にある会社だと感心した。

母の「消えた年金」が戻ってきた。今の大臣の努力かな、とも思うのだが、なんだか、腑に落ちない。

民主党改革案でさえどういった経過措置を設けるのかまだ分かりません。経過措置を含めて、分かりやすい年金制度を望みます。

党を超えたほんとの議論がされるのか…。結局、協議機関を作ってみたんだけで、与党対野党の構図で、多数の与党の意見が通ってしまうようでは、あまり意味がないような。

詳細を述べるには実務担当者でないと理解しにくいことなのではしょるが、ホンマに官僚たちの考えることって現場を知らないからトラブルだらけ。

記録回復のための立証を被害者の側に負わせてきたやり方には無理がある。時間もかかりすぎる。救済を急ぐには、基準の緩和は当然である。

社保庁でもこんなことがあるのですね、まだ半分信じられません、未払い残高はいくらになるのかわかりませんが、自分の思いが通って、トテモ嬉しいです

厚生年金の記録なんて個人でどうこう出来るわけないのに あんたらの管理が悪いんだろうがー! 絶対に訂正させてやる。日本年金機構首洗って待ってなさい!

以前勤めていた分の社会保険が全て消えてました。文句を言うのも半日つぶれる覚悟がいるみたいだったので回答表を出して、2年近くかかってるわよ。

カテゴリ:民主党マニフェスト2009|テーマ:年金記録被害者を一括補償|更新日時:2017-06-28 06:06:46

<< 前のテーマへ | メイン | 次のテーマへ >>